2017.04.24 Monday

広島電鉄800形[その4−おまけ]

最初に断っておくと、私は電車(鉄道)に関しては完全に趣味として興味を持っているにすぎず、業務上の情報等を知る立場にはありません。私の情報源といえば、趣味誌に掲載される豊富で詳細な記事や、インターネットに限られます。ということで、以下の内容はあくまで趣味人としての勝手な認識であり、情報の正確さは保証しない旨、ご承知いただければと思います。

 

これまで路面電車を3Dプリンタで何種類か作ってきましたが、こと屋根上機器については、全国の事業者で比較的同じようなものが採用されており、3Dデータの使いまわしができるのが楽な点です。

 

例えばこれは、三菱電機のCU-77という冷房機です。容量違いなのか、サフィックスに何種類か存在するようです。

続いてこれは、CU-77と組み合わせて使用される補助電源(SIV)です。岡山電軌や熊本市電によく使われる富士電機の冷房機は架線電圧のDCで直接駆動されるため専用の補助電源は存在しませんが、三菱電機の冷房機はAC駆動のため補助電源が必要となります。角型とかまぼこ型の違いは私にはわかりません。角型のほうはガルウィング?のように蓋が開くのでしょうね。

とすると、広電800形の屋根のもうひとつ載ってる第3の箱は、いったいナニモノなんでしょうか??

第3の箱

 

鉄道ファン1984年4月掲載の新車記事を読むと、補助電源と第3の箱をまとめて「補助電源」と示した写真が載っています。補助電源の箱に入りきらない部品が分散配置されているのでしょうか。にしては、広電の他の形式(例えば700形)に第3の箱はなく、説得性に欠ける解釈です。また、補助電源と第3の箱は屋根上でぴったり隣接しており、あたかも一体の箱のように見えなくもありませんが、真横から見るとわずかな隙間があり、やはり別体の箱であることが分かります。

 

真横から見ると隙間がある(左:補助電源、右:第3の箱)

 

「広電の他の形式には第3の箱はない」と書いたばかりですが、正確には誤りで、元祖軽快電車の3500形にはこれに似た箱が載っています。同時期に登場した長崎電軌2000形にも載っています。鉄道ファン1980年10月号の新車記事を読むと、長崎電軌2000形を例にまたまた補助電源と第3の箱をまとめて「補助電源」と示した写真が載っています。記事を書いた方も混同されているのかも知れませんが、これにだまされてはいけません。広電3500形の屋根上を見ると、B車連結面側に載っている富士電機の銘板が貼られた箱が補助電源のはずです(あくまで冷房機は直接駆動で、補助電源は制御、照明用とのこと)。第3の箱はA車連結面側に載っている別の箱です。ここで分かるのは、第3の箱の断面形状は、軽快電車設計時に冷房機や補助電源と意匠を揃えるために決められたということでした。

 

むかし保育社から刊行され、いまではNEKOから復刻されている「私鉄の車両3広島電鉄」に、答えがありました。冷房改造全盛期とあってか冷房機器の詳しい記事があり、そこで3500形屋根上機器についても図示されています。補助電源ではなくA車側に搭載された箱には「フィルタリアクトル、コンデンサ」というキャプションがありました。同じページの他の図では冷房機の凝縮器をコンデンサと記載しており非常に紛らわしいのですが、3500形の場合はフィルタコンデンサのことだと考えてよさそうです。また、同書の800形解説記事には「フィルターリアクトルなどを納めた第3の箱」という記載も出てきます。広電3500形、800形、長崎電軌2000形に共通するのはいずれも三菱電機の電機子チョッパ車だという点で、このような箱の中に必要な機器を納めたものと考えれば納得もいきます。(本記事の最初から使っている「第3の箱」という表現は、この本から拝借したのでした)

 

 

ところが、この箱を積んだ車両は、他にも2形式存在します。札幌市電の8500形シリーズと3300形です。外観上は、雪対策なのか左右2か所ずつの肩部の開口部が開いていないところや、長手方向の寸法がやや異なるようですが、それ以外はほぼ同じに見えます。

 

8500形はやはり三菱電機のVVVFが搭載されている車両で、電機子チョッパ同様ノイズ対策が必要でしょうから、この箱の中にはフィルタリアクトルとコンデンサが収納されていると考えてもよさそうです。参考までに、初のVVVF車両と言われている熊本市電8200形も同じく三菱電機のVVVFですが、コンデンサが屋根上の箱内にSIVと一緒に、リアクトルが運転席床下にそれぞれ分散配置されており、今回取り上げた第3の箱はありません。

 

札幌市電8520形に搭載された第3の箱

 

ここまではいいのです。ここまでは。

そうすると、抵抗制御車である札幌市電3300形の屋根上にある第3の箱の中身は一体なんなのでしょう?

 

単なる車内への通風口だというのが、いまのところの私の推理です。というのも、冷房車であるポラリスは別として、3300形以外の札幌市電は全て前面に巨大な通風口を持ちますが(屋根上にないのは、雪対策なのでしょう)、3300形にはそれがなく、どこかから外気を室内に導入する必要があります。それにはもう、屋根上に設置された第3の箱しかないように思います。通風用の箱を新たに設計するまでもなく、8500形シリーズにも使われている部品をあてがって共通化を図ったのでしょうか。第3の箱の片側端面には口がなく、そちらを前に走るときには外気が入りそうにありませんが、ラインフローファンで強制的に換気ができるのかもしれません。真相はいかに?

 

札幌市電3300形に搭載された第3の箱

2017.04.17 Monday

広島電鉄800形[その3−3次車、5次車]

タイトルのような呼び方がどこまで正しいのかわかりませんが、最初に3Dプリンタで作った丸目の803〜804を2次車とすると、角目の805〜808が3次車、前面窓が方向幕まで一体化された809〜812が4次車、ライトが3900形ライクの813〜814が5次車ということになるかと思います(勝手な呼び方ですみません)。3Dデータを少しいじればバリエーション展開できるため、3次車と5次車を作ってみました。

 

2次車のデータを出力したときに併せて試しに出力した前面パーツは、ライト周りの彫りが浅く、ペーパー掛けするとすぐに埋まってしまいました。これが1回目です。次に、3Dデータ上で彫りを深く修正して出力してみたのですが、やはりペーパー掛けすると表現があやふやになってしまいました。これが2回目です。

 

さらに彫りを深くするべきか、溝幅を広くするか悩んでいたところ、模型仲間の方から「別パーツをはめ込んでみたら」とアドバイスを受け、早速試してみました。これが3回目です。次の写真で上から1回目、2回目、3回目となります。

 

 

結果的に、これがうまくいきました。

 

 

3次車のほうはちょっとおめめがパッチリしすぎている(名鉄っぽい?)かもしれませんが、塗装すれば落ち着いてくれるでしょう。

 

 

いつもの手順で組み立てます。特筆するところはありませんが、側板は前回の2次車にドアレールと車外スピーカーの表現を追加しました。(もちろんそれらは2次車にも存在します。私が省略していただけです)

 

 

先に緑を塗ります。塗ったところで、3次車のほうのライトの窪みをマスキングし忘れていたことに気づきました。

 

 

逆マスキングでリカバーします。その後アイボリーと全面窓周りの黒を吹きます。

 

 

またもマスキングし忘れで、黒縁下端の角が四角くなってしまいました。本来は窓のカーブに合わせてRがつきますので、タッチアップでお茶を濁します。

 

側窓サッシは黒です。側窓も四隅にRが付いていますので、マスキング+エアブラシは使わず面相筆で塗っていきました。インレタは懲りずに阪急の銀色から数字を拾い、クリアを吹いて保護します。

 

 

これで完成しました。次に増やすとすれば、4次車で塗装違いの810号ですかね。

 

 

 

2017.01.09 Monday

広島電鉄800形[その2−塗装、完成]

車体色に悩んだのですが、クリーム色にはGM21「アイボリーA」(昔の小田急アイボリー)、緑にはモリタの「緑14号」を選びました。調色すると、私の腕では次回同じ色を塗りたいときに再現するのが難しいため、なるべく市販の色で揃えるようにしています。

 

マスキングの都合で、先に緑、そのあとアイボリーの順で塗装しました。

 

 

 

そして前面窓周りに黒を吹きます。

 

 

 

前面ライトリムと側面サッシに銀をさします。

 

 

 

車番のインレタは、同じアルナ仲間ということで、GMの阪急用銀から数字を拾いました。が、ちょっとギラギラしているようです。

 

 

 

方向幕を貼り、アクリル窓をはめこんで完成です。

 

 

 

分かりにくいかもしれませんが、台車枠はちょうど車体裾と重なる部分(両肩)をカットして、カーブで首を振れるようにしています。

 

 

 

記念に、鉄コレの広電と並べてみました。大きさ的な違和感はなさそうですね。

 

 

 

蛇足とは思いますが、Bトレの700形と並べてみました。Bトレは、700形なのに前照灯と尾灯の位置が反転してるんですよね…

 

 

2016.11.15 Tuesday

広島電鉄800形[その1−設計、組み立て]

広島電鉄の単車800形を作ろうと思います。

 

今年5月に鉄コレを買うため広島を訪問したついでに、歩道橋の上からいくつか写真を撮ってきました。

 

 

 

 

 

形態は、試作車的な801〜802と、量産車的な803〜に大別されますが、803〜は製造年によってライト形状や前面窓にバリエーションがあり、丸ライトの803〜804、角ライトになった805〜808、前面窓が大型化した809〜812、ライトが3900形っぽくなった813〜814に細分化されるかと思います。側面のドアや窓配置、屋根上機器配置は、813〜814の補助電源が異なる以外、特に違いはないように見えます。台車は801〜802がFS83、803〜がFS88となっています。

 

今回は、スタイルがスマートな803〜を模型化することにしました。

 

いつもの方法ですので詳細は割愛しますが、まずはDesign Spark Mechanicalでデータを作成します。

 

 

左から803〜804、805〜808、813〜814のつもりです。台車枠は首を振ったときに車体裾に干渉することが分かったため、干渉する部分をデータ上でカットしています。

 

 

DMMで出力しました(上の写真は、IPAで脱脂 → ペーパーがけ → サフ吹き後の状態)。アクリル"Extreme Mode"がかなり値上がりしており、"Ultra Mode"の倍近い見積もりとなったため、今回は"Ultra Mode"で出力しています。下半分は同時に出力した阪堺モ601です。

 

 

前面が角ライトの2種は、ライト周囲の掘り込み幅や深さの具合を見るために、とりあえず1個ずつお試し出力しました。若干深さが足りないようなので、いずれ修正して再出力しようと思います。今回は丸ライトの803〜804にします。

 

 

組み立ててから、再度ペーパーをかけます。

 

 

そしてまたサフを吹き、塗装に備えます。

 

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM