2019.03.30 Saturday

長崎電軌2000形・1200形・1300形[その2−組み立て、完成]

出力したのが下の写真になります。特段目新しい点はありませんが、前面の電照式広告を塗装のことを考えて別パーツにしたり、ランナーの空いたスペースに長崎電軌タイプの電停を配置して一緒に造形したりしました。

 

左上:1200A形、左下:1200形、右上:2000形、右下:1300形

 

IPAで脱脂、サフ吹き、表面処理、組み立て、といういつもの順序で車体を作っていきます。前面の広告枠とライトケースの空間が狭くてペーパーをかけづらく、難儀しました。電照式のプレートだけを別パーツにするのではなく、広告枠まで含めて別パーツにして後から嵌めるようにしたほうがよかったかもしれません。

 

 

 

 

車体色は、GMのアイボリーAとバーミリオンAです。シンプルな塗り分けなので助かります。4両分一気に塗ってしまいます。このために、ホビダスのツールキット(塗装台)を買い足しました。

 

 

 

 

ステンレスキセの屋根上機器は、クレオスのメタルカラーのステンレスです。

 

 

色差しをし、排障器を取り付け、車番を入れてからクリアを吹き、最後に窓ガラスをはめ込んで完成です。2000形のみ、ヘッドライトの枠まで銀色ですね。他車は車体色です。動力はトミーテックのTM-TR01で、台車間距離を最も短い36.0mmに設定しています。実車が5400mmなのでスケール通りですね。

 

 

 

広島電鉄3500形と長崎電軌2000形が揃ったので、鉄道雑誌の表紙の構図に合わせて記念写真を撮ってみました。

 

 

 

2019.03.24 Sunday

長崎電軌2000形・1200形・1300形[その1−設計]

長崎電軌の車両を作ることにしました。いわゆる軽快電車スタイルの一連の車両群です。

 

まずは2000形。前回製作した広島電鉄3500形と同世代の、初代軽快電車です。2両あった実車は既に廃車されてしまい、私も実車を目にする機会は残念ながらありませんでした。以降の車両より面長の感じや内側軸受の下回りの再現がキモになるかと思います。屋根上機器は、一部広電3500形のものを流用できそうです。

 

 

続いて1200形。2000形に比べて高さが縮まったような顔立ちですが、どのあたりが実際の寸法の違いなのか、写真や図面を見比べて違和感なく再現する必要がありそうです。台車はK-10で、製品化されているのはマスターピースの函館500形用くらいだと思いますので、入手性と扱いやすさを考えると、やはり台車まで3Dデータを作った方がよさそうです。

 

1200形

 

 

1200形を間接制御に改造した1200A形は、外観上は屋根上の抵抗器の追加と、台車がFS-51になったという点を再現すればよさそうです(本当は側面方向幕が埋められているのですが、この後も気づかずに作り続けてしまいました)。FS-51もデータを作らなければいけませんね。

 

1200A形

 

 

1300形は、1200形と比べて、パンタがPT110に、台車がKL-11になった点以外は同じに見えます。KL-11は鉄コレ動力のTM-TR01に含まれているので(京都市電2000形用)、それをそのまま使えます。

 

1300形

 

 

というわけで、データを作成しました。なんとなく、それっぽい雰囲気にはなったような気がします。

 

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM