<< 札幌市電3300形[その2−ラッピング落とし] | main | 札幌市電3300形[その3−塗装・仕上げ] >>
2013.04.21 Sunday

函館市電8000形[その3−塗装・仕上げ]

丸目の8009号、8010号は、共に車体が白一色で前頭部のみ緑色の帯が入っています。側面は広告等のラッピングスペースということなのでしょうね。

まず全体にサフを吹き、白はGMカラー37「白3号」を使いました。問題は緑色です。キットのパッケージはクレオスの「ルマングリーン」が指定されているのですが、ルマングリーンと言えば、先日都電7500形の帯に使ったあれです。ネットで写真を見るに、もう少し緑が濃いのではないかと感じていました。近似色を探しところ、新幹線200系(オリジナル塗色)の緑がこんな色だったんじゃないかと思い当りました。緑14号というやつです。

GMカラーから緑14号は出ていないため、入手性よいとはいえませんがモリタかFABREを使うことになります。買い出しに行った模型店にはモリタが置いてあったので、それを買ってきて早速塗ってみました。


Masking


and paint green, but deeper than the real car...

むむっ、なんか違います。神戸市バスかよ!といいたくなるような濃い緑になってしまいました。マスキングをはがす前に気付けばよかったのですが、はがしてしまったものは仕方ありません。再度マスキングする気力はもはやなく、このまま突っ走ることにします。

このあと、ライトリムや窓枠に色を入れ(窓枠は車体をマスキングしてエアブラシで塗りました)、キット付属のデカールや自作のタトゥーシールを貼って仕上げていきます。百年記念公式ロゴマークの入った8010号のつもりです。




Finish

グレイスモデルのfacebookを読むと、同じく函館市電をモデルにした次回製品の企画もあるようですね。楽しみに待ちたいと思います。

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM