<< 岡山電軌3000形[その2−車体の改造] | main | WLB Type100[その10−車体1] >>
2013.05.07 Tuesday

岡山電軌3000形[その3−塗装・仕上げ]

早々に加工が終わり、塗装に移ります。3000形にも標準塗装から日光のリバイバル塗装までいろんなバリエーションがあるようですが、私は"KURO"にしてみようと思います。

ボディと屋根とのパーツ分割がそのまま塗り分け線になっているようなので、ばらしたままそれぞれを塗装します。

まず、サフを吹いたあと、ボディ全体をクレオス9「ゴールド」で塗ります。メタリック系塗料だからか全体がざらざらしてしまうので、塗装順のセオリーとは違うのかも知れません。下の写真を見ると、なんだかブラスキットを組み立てたかのようです。

続いて、幅0.25mm程度に細く切ったマスキングテープを、側面窓下と、前面に貼っていきます。前面の曲線は適当にそれっぽく貼っただけです。




Mask the gold line

この時点で、窓ガラスも窓桟を残してマスキングします。


and window parts

そして、黒を吹きます。何のひねりもない、ただの黒です。


Paint just black color

屋根、パンタと排障器は、クレオス81「あずき色」にしました。

塗装終了後、細かなレタリング(20箇所!)をしていきます。例によって、白地のタトゥーシールに自作のデータを印刷するのですが、普通のプリンタから金色印字はできませんので、金色部分はオレンジで代用しました。

タトゥーシールは、貼る際に印刷内容が台紙で隠れてしまって見えないため、間違えて上下逆さに貼ってしまってはやり直すことを何度も繰り返しました。予備は大量に作っておいたほうがいいです。




Finish

急ぎ足でしたが、何とかそれっぽくなりました。鉄コレ動力のストックが底をついたので、しばらくはトレーラー状態です。(動力を組み込みました。上2枚はその後の写真です。)

ベースになった東武日光軌道線100形と並べてみます。


Left : Tobu tram (before remodeling)  Right : Okayama tram

まぁ、あまり変わらないですね。当たり前ですが。

MOMOと並べてみました。


Left : Okayama LRT "MOMO"  Right : Okayama traditional tram "KURO"

石津式がオーバースケール気味になったとはいえ、MOMOのパンタよりは低いです。どうでもいいですが、MOMOとKUROだなんて、アイドルグループの名前みたいですね。
コメント
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM