<< 路面電車の点灯化 | main | JNMA2013 >>
2013.07.06 Saturday

WLB Type100[その13−仕上げ]

結局、パンタ昇降は諦めることにしました。

以前に製作した直動機構を久しぶりに動かしてみたのですが、動作が渋いときがあり、まだまだ調整の必要がありそうでした。私が手作業で工作する場合の、精度の限界のような気もします。また、現実的に2モーターでなければ牽引力が不足することも分かってきました。2モーターにすると直動機構を収めるスペースも取れません。

結局、下の写真のような走行装置にしました。連接部分の台車はBトレ貨車用のもので、車輪だけKATOのBトレ用のピボット軸を削ったものに取り換えました。これでもR100のS字カーブは通過できるようになっています。




前回までに作った車体をかぶせ、先頭にTNカプラーを取り付けて完成です。






400型と連結してみます。




100型が鉄コレ動力、400型がポケットライン動力なので、連結した際の協調性については以前から心配していました。鉄コレ動力は低い電圧から高回転なのですが電圧を上げてもそれほど伸びず、ポケットライン動力は昔ながらの感じで低い電圧ではノロノロ、電圧を上げるにしたがってスピードは高くなり、そのうち鉄コレ動力より早く走るようになります。

連結したらそれなりに辻褄があうかと期待していたのですが、これがとんとダメでした。ギクシャクしつつ走らなくもないですが、明らかに無理をしている(ポケットライン動力が足を引っ張っている)印象です。ちょっとこのままでは、運転会で併結運転を披露するのは無理そうです。


なんだか中途半端な工作に終わってしまいました。まぁ、これも勉強ですよね。

コメント
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM