<< 今日の入線 | main | 今日の入線 >>
2013.10.06 Sunday

今日の入線[北三陸鉄道36形(お座敷車両)]

このブログで、押し付けがましいことを書くつもりはあまりないのですが、TOMIXから発売された「北三陸鉄道36形(お座敷車両)」は、普段それほど鉄道模型に接しない方も購入されているかも知れないと思い、老婆心ながら動力化手順をまとめてみました。

「北三陸鉄道36形(お座敷車両)」はモーターが付いていないため、Nゲージの線路上でコントローラーを使って走行させるには、別途、動力ユニットを購入する必要があります。動力ユニットは、TOMIXから"TS-004/0660"という品番で販売されているもので、家電量販店のWebショップからでも購入することができます(時期によっては品切れかも)。税込で定価が¥3150です。


動力ユニット(TS-004/0660)

基本的には、もとの車両から台車ごと床板を外して動力ユニットに差し替えるだけの作業で、お座敷車両の取扱説明書にその手順がかかれています。が、少しコツが要るかも知れません。


取扱説明書記載の手順

手順には、裏向けにした車体を指で広げれば、床板が抜けるように書いてあります。しかし、車体を指で広げるだけでは床板は抜けてくれません。床板は、車体に内側から嵌められている窓ガラスパーツのツメに掛かって固定されているのですが、車体を広げるだけでは、下の写真のように窓ガラスがついてこないため、床板が抜けないのです。抜けないからと言って車体をぐいぐい広げると、車体が割れてしまう恐れがあります。


車体を広げても、窓ガラスはついてこない

そこで私の場合、車体と床板の隙間から爪楊枝を突っ込んで、窓ガラスと床板が噛んでいるツメのところに割り込ませました。爪楊枝ではなくドライバーのようなものを使うと、プラスチックを傷つける心配がありますので注意が必要です。


爪楊枝で窓ガラスを外側に押し広げ、床板とのかみ合わせを外す

ツメがかかっているのは、左右2箇所ずつ、計4箇所です。無事に外れると下の写真の状態になります。窓ガラスのツメがある場所の参考にしてください。


窓ガラスパーツのうち、2箇所、下に飛び出ているのがツメ

次に動力ユニットの台車を小加工します。
外した床板の前後に1個ずつ付いている、青色のスカートという部品は、片側には本物に似せた連結器が付いており、反対側には模型用の連結器をかわす切欠きがあって、両側で形状が異なります。動力ユニットは両方の台車に模型用の連結器が付いてしまっていますので、片側を切除しなければスカートを移設することができません。
このことは取扱説明書にも書かれていますが、どこでどのように切断するのか、難しいところです。

まず、動力ユニットから片側の台車をひねって外します。


外した動力台車

これをバラバラに分解します。この台車も接着ではなくハメコミで組み立ててあるだけですので、マイナスの精密ドライバーがあれば分解可能です。(と書いたものの、ここが難しいかも知れません)


動力台車をバラバラに分解したところ

連結器を切除するのは、上の写真で右真ん中の部品です。模型用の連結器が収まっていたボックス部分を、カッターナイフもしくは糸鋸で切断します。

切断後は切り離した連結器以外を元通りに組み立てます。切断前と比較したのが下の写真です。台車の分解が難しければ、分解せずに連結器の根元をカッターで切断したり、ニッパーでちょん切ってしまってもいいのかも知れませんが、自分で試したわけではないので成功の保証はありません。


左:切断後 右:切断前(=反対側の台車)

そして、台車を動力ユニットに組み込み、もとの床板からスカートを移設します。


奥:もとの床板 手前:動力ユニットにスカートを嵌めるところ

ここまできたら、車体と動力ユニットとをパチンと組み合わせて、作業終了です。


動力ユニットに車体をかぶせて組み合わせる

外した床板はまた使うことがあるかも知れませんので、動力ユニットの箱に納めたうえで、お座敷車両の展示レールが入っていたプラケースに入れておくと、紛失を防ぐことができると思います。


これでなくさない


以前製作した、車庫のジオラマに置いてみました。

「天野、行きます!」の場面のつもり

コメント
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM