<< Carris Remodelado[その1−車体] | main | Carris Remodelado[その3−塗装] >>
2013.12.30 Monday

Carris Remodelado[その2−屋根上]

おおよそ車体が組みお合わったところでサフを吹き、キズ等の手直しをします。前面の柱がゆがんでいるのは、私の工作力の至らなさですのでどうしようもありません。




次に、にぎやかな屋根上を再現するため、図面を屋根に貼り付けてランボードやベンチレータの位置をケガキます。

ベンチレータには、形状が似ているモリタの「オワン型通風器」を奢りました。同時に製作している2両で変化をつけるため、1両は片側のベンチレータが2個のタイプ、もう1両は4個のタイプとしてみます。2個と4個では、中央2個のベンチレータの有無が異なるようです。まずΦ0.5で下穴を開け、次にベンチレータ取り付け足のサイズであるΦ1.0を貫通、最後に本体がやや埋まった感じにするためΦ2.5(ホントはΦ2.3程度で十分)でざぐって、パーツが嵌められるようにしました。






別途、方向幕(前後に各1個)、機器箱(詳細不明)、集電装置の前後に大小各1個の抵抗器(?)をプラ板から作り、アルモデルの簡易ポールも載せてみました。本当はこのあとに、KATOポートラム用のシングルアームパンタも載ることになります。下の写真は、とりあえず仮置きです。なんとなく、リスボンのトラムっぽく見えてきたのは、やはり方向幕の存在感でしょうかね?



コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
  • 長崎電軌2000形・1200形・1300形[その2−組み立て、完成]
    dobahiro10 (08/06)
  • RhB EW-II制御客車[その3−点灯化、完成]
    Marco (05/23)
  • 熊本市電1200形[その4−仕上げ]
    MAX (03/19)
  • 広島電鉄3500形[その1−設計]
    tombi (01/06)
  • 広島電鉄3500形[その1−設計]
    gunma (01/05)
  • 広島電鉄3900形[その2−組み立て、仕上げ]
    tombi (11/23)
  • 広島電鉄3900形[その2−組み立て、仕上げ]
    gunma (11/21)
  • 広島電鉄3800形[その3−仕上げ]
    tombi (07/10)
  • 広島電鉄3800形[その3−仕上げ]
    BLACK (07/10)
  • 阪堺 モ351形[その8−仕上げ]
    tombi (05/09)
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM