<< Carris Remodelado[その3−塗装] | main | 阪堺 モ161形[その2−動力組み立て] >>
2014.01.15 Wednesday

Carris Remodelado[その4−仕上げ]

車体の塗装まで終わったところで未製作のパーツを挙げてみると、まだまだ結構ありました。

・乗降側のステップ
t0.3のプラ板を組み合わせて1段ステップを作りました。

・台枠補強材?(更新時に台車を取り替えた際に設置されたのでしょうか??)
手元にあったプラストラクトの「Z型鋼」がちょうどよさそうだったので、車体裏から見てひし形になるような形に取り付けました。

・スカート
1mmプラ角棒を型紙の上にハの字に置き、t0.14プラ板を細く切ったものを接着して作りました。


・ヘッドライト
Φ1.6のプラ棒の芯にΦ1.2の穴を開けてから、薄く輪切りにして作りました。Karlsberg塗装のほうは前面にもラッピングがあるため、タトゥーシールを貼ってからヘッドライト枠を接着することになります。

・バンパー部のテールライト、方向指示器
似たようなパーツがないかと思いジャンク箱を探したところ、GMの阪急エコノミーキットの前面が大量にあったので、そこから標識灯をそぎ落としました。本当は車体塗装前に接着しておくべきでしょうね。テールライトの方は点灯化に備えて、Φ0.6で穴を開けました。


・台車枠
実車は更新に伴い新しいタイプの台車枠となっているようですが、簡単のためにアルモデルの2軸電車台車枠の両端を切って使うことにします。更新前であれば、2軸電車台車枠がそのまま使えそうな気もします。



・窓ガラス
窓枠は、車体ではなく窓ガラス側に塗装で表現しようと思っていたのですが、マスキングが面倒なため、クラフトロボでマスキングパターンを切り出してみることにしました。マスキングテープだと柔らかくてカットに失敗しそうなので、プリンタ用のラベルシールを透明プラ板に貼り、その状態で切り出すことにします。下の写真で余計なところが切れているのは、単に失敗した箇所です。


そんなこんなでパーツがすべて揃い、順次組み立てていきました。

今後の点灯化のため下回りは仮に嵌めただけなのですが、とりあえずこれで完成とします。








No.571








No.573

こうしてみると、下回りの大きさが気になります。実物は910mmゲージだそうなので、本当はZゲージ用の2軸動力を使うべきなのかも知れません。

コメント
おー素晴らしい。
テールライトなんて芸が細かく、繊細な作業が出来る腕に関心してしまいます。
ミニ路面好きなので、好ましいプロポーションに惚れ惚れしてしまいます。
走っている姿もはやく見てみたい。
  • Mokei de-mbembe
  • 2014.01.15 Wednesday 22:39
やっぱり作ってみると、いろいろと反省点があるんですよねー。
ちょっと馬面だっったり、レール幅に対してバランスが悪かったりするので、1/160ではなく1/150程度で作ったほうがよかったのかも知れません。
あと、これを走らせるパイクが欲しくなりますね。
  • tombi
  • 2014.01.16 Thursday 22:41
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM