<< 阪堺 モ161形[その4−車体組み立て2] | main | 阪堺 モ161形[その6−おまけ] >>
2014.03.15 Saturday

阪堺 モ161形[その5−塗装、仕上げ]

一通りハンダ付けが終わったので、塗装に移ります。まずはセオリー通り(ですよね?)、サンポールで洗いクレンザーで磨きました。ウチにはサンポールがなかったのでこのためだけに購入したのですが、たぶん、一生ハンダ付けしても無くならないようなたっぷりの量で困ってしまいます。(長らくほったらかしにしていた京阪80形用動力延長キット(手前)も一緒に処理します)




車体はRMMの塗装ホルダーにピッタリはまりました。



まずは、マルチプライマー → サーフェーサーEVO(いずれもガイアノーツ)の順に吹いていきます。オデコパーツと屋根との継ぎ目に隙間が残っていることは分かっていたので、ここでパテ埋めしました(単にハンダできれいに埋められるだけの技量がなかったということです)。




次に、屋根上パーツ類の色としてGMカラー「灰色9号」を吹き、残したい箇所だけマスキングゾルでマスキングしてから屋根自体の色としてGMカラー「ねずみ色1号」を吹きました。手持ちの古い資料(保育社カラーブックス「南海」)を見ると、屋根上は全体的に1色のみで特に塗り分けられている様子はなかったのですが、模型的な見た目を考慮して敢えて塗り分けました。

普通は塗り分けてから組み立てるものなのでしょうか??




雲塗装の雲部分は、説明書の記載に従いGMカラー「白3号」とします。このとき、ちゃんと屋根だけマスキングせず中途半端に車体上部まで隠してしまったせいで、変なところに塗り分け線の跡が残ってしまうことになりました。この辺りの雑さが我ながらイヤになります。




雲塗装はマスキングシートがキットに付属しているため、それをそのまま使いました。前面と側面とに分かれているマスキングシートがうまく重なるか心配だったのですが、重ねしろが大きく取ってあり、そこは全く問題ありませんでした。

問題だったのは、シートの密着性です。ドアのくぼみに密着させようにも、ステップの出っ張り(凹んでない部分)に引っ張られてしまいます。車体裾だけ分割して別途マスキングしたくても、雲が意外と深く切り込んでいる箇所があり、雲のマスキングシートが千切れてしまいそうになります。また、前面は前面でバンパーの出っ張りに引っ張られてしまいます。



そんなわけで、クレオスの「スカイブルー」(説明書では「ライトブルー」が指定。買い間違えました)を吹いたところ、結局何箇所か吹き込みが発生してしまいました。ここに至って、かなりショックです。






こうなってしまってよくよく考えると、前面のバンパーなんて最後にボンドで取り付けてもよかったのかも知れません。もしくは、青を先に塗ってから青部分をマスキングした方が、前面、側面とも、マスキングシートの浮き上がりを防止できたような気もします。

そんなことをいまさら言っても後の祭りですので、吹き込み箇所はタッチアップでお茶を濁しました。最後にデカール類をペタペタ貼って、クリアをひと吹きしておきます。




ヘッドライトは、前回の記事にも書いたとおり、GM旧国キットの砲弾型ヘッドライトを使うことにしました。パーツのセンターがずれないようにΦ2のドリルでざぐり、いつも使っている1608のチップLEDが入るようにします。砲弾の後方部は不要なので、前側だけ切り取りました。




ステーっぽく帯板を半周巻きつけ、配線用の穴をΦ0.3で開けておきます。




チップLEDにポリウレタン銅線をハンダ付けしたものを装着します(汚い手が写っており、申し訳ありません)。そのままでは正面からLEDの形状が見えてしまうため、サンドペーパーですりガラス状にした透明プラ板を円形にカットし、表からはめ込みました。




テールライトは以前の路面電車の点灯化手法と同じく、生基板に直接チップLEDと抵抗をハンダ付けしました。ヘッドライトからの配線は、この基板上でテールライトと逆並列に接続します。




屋根裏はこんな感じです。とてもきれいとは言えませんね・・・ 赤と黒のリードは、床板の集電板にハンダ付けしてしまいました。



窓ガラスを入れてから、車体と床板を組み合わせ、完成です。











コメント
素晴らしいですね。
車体の完成度も、雲塗装も完成度が高く惚れ惚れします。
やはり雲塗装良いですね◎
キットは持っているので、自分は旧塗装で作りたいと思ってます。
前照灯の点灯化のコツや基板など今度是非、教えて下さい。
あと、運転会参加できないので、次回、参加が一緒だった時、拝見したいのでよろしくおねがいします。
  • Mokei de-mbemb
  • 2014.03.22 Saturday 14:13
既にキットは入手されているのですね。
旧塗装もいいですよねー。窓枠を塗装後に接着すれば、マスキング自体は雲塗装よりやりやすいかも知れません。
あと、ずっと発売予定のままのモ351も出て欲しいものです。
  • tombi
  • 2014.03.22 Saturday 18:02
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM