<< 阪堺 モ161形[その5−塗装、仕上げ] | main | フォトラ >>
2014.03.30 Sunday

阪堺 モ161形[その6−おまけ]

ブラスキットでは、以前にあまぎの富山地鉄14760形を組んだことがありました。ただ、それほどハンダ付け箇所がないキットだったことや、私の組み精度もあまり高くなく雑に仕上がってしまったこともあり、準備も含めてしっかり組み立てに取り組んだのは今回が初めてです。


組み立てに際し、ワールド工芸のサイトを参考にして道具を揃えようと思いました。

まず、ハンダごては40Wで十分と書いてあります。手持ちの電子工作用こてが40W(電子工作にはやや強力すぎる?)だったので、こて先のみ交換することにします。同サイトの教えに従い、ホームセンターでΦ4の銅棒を買ってきて、7cmに切断しました。




先端は、ヤスリでゴリゴリ削って形状を整えます。



サイトには金床で叩いて組成を密にしないとすりへる旨のことが書かれているのですが、ウチの中を見渡しても「金床」に相当しそうなものは何もありません。まぁ、すり減って困るくらいガシガシハンダ付けする組み立て分量でもないと思ったので、叩く工程は省略しました。

モ161形を1両組み立て終えた後のこて先が、下記写真です。



見えづらいですが、確かに多少痩せたり欠けたりしているように見えました。ただまぁ、この程度であれば、キット組み立てのたびに先端を整える(もしくは銅棒から新たに切り出す)というやり方でも間に合いそうです。むしろ、他の形状のこて先(L字のものとか)が欲しくなりました。


もうひとつ、ブラスキットの組み立てにおいて必ずと言っていいほど必需品に挙げられるのが、マッハ模型の「キサゲ刷毛」です。いい道具に対してはなるべくケチらないようにしているのですが、やはり¥3,000という価格は、そう簡単に手が出ません。そのうえ、刷毛先端を整えるためにグラインダーが必要だと言われると、余計に悩んでしまいます。

何かで代用できないかと思いネット検索したところ、パイプにワイヤを挿し込んでカシメるという方法を実践されている方がいて、私も真似してみました。

まずホームセンターで測り売りのステンレスワイヤー(太さ違いで2種類)を、最低単位の10cmで購入しました。店員さんに「何に使うんですか??」と怪しまれてしまいました。



購入後、ニッパでさらに短く切ったステンレスワイヤーをウチにあった真鍮パイプに挿入してみます。このとき、ステンレスワイヤーのよりがほぐれてバラバラになってしまいがちなので(バラバラになると素線の先端が揃わない)、何度かやり直しました。

そして圧着工具でカシメます。パイプの両端で飛び出し量の長さを違えてみました。


一応、キット組み立て中に何度かこれを使いました。キサゲ刷毛的なものが安く入手できたのはいいのですが、あくまで代用品でしかないので、性能面でどうかと言われると微妙なところです。


道具の話はこれで終わり。


先日、所用で神戸方面を訪れた際、たまたま開催されていた鉄道模型イベントに立ち寄り、レールクラフト阿波座さんとお話させていただきました。

伺ったところによると、モ161形のキットは、碍子が横向きの旧型パンタの組み立てが難易度大とのこと。確かに今回の私の場合も、8つある碍子のうち1箇所でパーツの折り曲げ方向を間違えたため、切れてしまったということがありました。(単におっちょこちょいなだけ?)

その他、モ351形の試作品や山陽電車なんかも展示されており、欲しくなってしまいます。(モ351形の販売までには、まだ少し時間がかかりそうな感じでした)







本題から外れますが、鉄コレで阪堺1001形、堺トラムの「茶ちゃ」が発売されました。緑色の箇所を紫に変えればそのまま「紫おん」になりそうだったので、早速やってみました。紫には、ガイアの「コンテナレッド」にクレオスの「スカイブルー」を混ぜたものを使っています。









コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM