<< JNMA2014 | main | 神ノ木停留場[その3−階段、ホーム] >>
2014.07.08 Tuesday

横浜市電の保存車 [Preserved Yokohama Tram Cars]

有休をとったものの何の計画もなく、思い立って横浜市電保存館(Yokohama Tramport Museum)と久良岐公園(Kuraki-Park)へ行くことにしました。ともに電車の駅からは離れており、慣れた土地でもないので少し戸惑いました。

まずはJR根岸線の根岸駅前から横浜市バスに乗車。21系統と135系統が「市電保存館」を通り、78系統と133系統が「滝頭」を通ります。両バス停は市電保存館の前後に位置するため、要は4番乗り場のバスに乗れば、市電保存館に行くことができます。私は21系統「市電保存館行き」に乗りました。


Lines 21, 78, 133 and 135 of Yokohama City Bus are available to going to the Yokohama Tramport Museum from JR Negishi staion.


市電保存館は、昔の滝頭工場の跡地にあります。今はバスの車庫や市営住宅として使われている土地で、市営住宅の1階部分が屋内博物館という珍しい作りです。(都営三田線の車庫を思い出します)


The museum is located where tram depot used to be.

横浜市電が廃止されたのが昭和47年3月31日、保存館の開館が昭和48年8月ということで、もう40年以上も経っていますが、屋内保存ということもあってか、車両の状態はよさそうです。

ただ、屋内もそれほど広くないため、引いた位置で写真を撮ることができません。広角系のレンズが必須です。








Seven retired tram cars and some equipments such as trolley poles and motors are displayed.

Oゲージのレイアウトでは、実物のマスコンハンドルで市電を運転できます。JNMAで見たばかりの横浜駅旧駅舎が、ここにも再現されていました。




Model trams are also displayed and able to be operated with the real controller.

30〜40分ほどで市電保存館を辞して、久良岐公園へ向かいます。さきほど降りた「市電保存館」バス停から、78系統「磯子駅行き」に乗ればOKです。

私が降りたのは「浜小学校前」でしたが、もうひとつ先の「汐見台1丁目」でもよかったかも知れません。いずれにしても磯子駅の北側にある山の上付近で、バスを降りてからさらに社宅街の坂道を登って公園に向かいます。このへんの感覚は、実際に行ってみなければなかなか分かりづらいところです。

公園に入りしばらく歩くと、木々の向こうに保存車両の姿が見えました。

Preserved Yokohama tram no.1156 at Kuraki-Park

四方がフェンスに囲まれており、そばに寄ることはできないのですが、状態はきれいです。ここに至る経緯の書かれた説明書きがありました。






This tram is surrounded with a fence, so can not be approached.


These instructions shows the background of restoring.

鉄コレの日光軌道線100形を塗り替えて作りたくなる形態ですが、こちらのほうが幅が広いような気がします。


帰途、久良岐公園を出て「汐見台1丁目」バス停に向かったところ、バス待ち時間が長かったため、結局そのまま坂を下りて磯子駅まで歩きました。下りはいいですが、上りはちょっと避けたい感じの長い坂でした。今後行かれる方の参考になれば。

コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM