<< 神ノ木停留場[その4−ガーダー橋、ホームの続き] | main | 鉄コレ能勢電50型動力化 >>
2014.08.09 Saturday

神ノ木停留場[その5−踏切、仕上げ]

踏切の警報機は赤色灯がなく、進行方向の矢印だけが表示されるタイプです。市販のパーツの何が使えるか見繕い、ジャンク箱に入っていた津川の踏切警報器から矢印表示器を、GMの信号機からベースとハシゴ、頭のトンガリをそれぞれ切り取って使うことにしました。柱はΦ1のプラ棒を塗装しています。






実際に神ノ木停留場を訪れてみると、下を走る南海高野線の踏切と合わせて、ひっきりなしに警報機の「カンカン♪」という音がなっていることに気付きます。せっかくなので、このモジュールでも電車通過時に警報機音を鳴らすことにしました。

最初は、子どもの雑誌の付録にあった音の鳴るオモチャを音源に使おうかと考えたのですが、踏切警報音の特徴である和音を再現するのは難しそうでした。ここは簡単のために、ジオコレのサウンドユニットを使うことにします。このサウンドユニットの警報音は神ノ木のそれに似ているように思います。

警報音を鳴らすトリガは電車がモジュールに入ること、警報音を止めるのは電車がモジュールを出ることにし、モジュールの出入口にセンサを設けます。軌道回路で在線検知をする方法は、既存の路モジATSを邪魔してしまう心配があったため、レールはまったくいじらず赤外線で検知する方法をとることにします。

まず、架線柱に表面実装の赤外線LEDを2個直列に取り付けました。点灯状態は目では分からないのですが、デジカメを通すことで視認可能です。





架線柱はモジュールの両際に建てることとなり、運転会で破壊される可能性が高いことからベースに固定せず、脱着可能(破壊されても修復しやすいように)にしています。

受光側はレール間にフォトトランジスタを設置し、それをトランジスタで増幅のうえメカリレーを駆動するようにしています。ロジックはすべてリレーで組みました。(マイコンより安価なので)

鳴り始めてから鳴りやむまでを1モジュール310mm以内で処理している関係で、鳴る時間が非常に短い(「カン、カンッ」て終わり)のが残念なところです。前後のモジュールにセンサを置けるといいんですけどね。


その他こまごまとしたところでは、民家はGMキットの素組みで、但し塀や基礎の追加によって変化をつけてみました。フェンス類はすべてCASCO、高野線の架線柱はフローベルデのものを使っています。








まぁ、こんな感じですかねー。相変わらずヘタクソな仕上がりにうんざりしてしまいますが、とりあえずは運転会でご迷惑をかけることはなかったので、ヨシとします。

コメント
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM