<< 熊本市電1200形[その4−仕上げ] | main | 豊橋 モ3500形[その1−切り継ぎ] >>
2015.06.07 Sunday

万葉線デ7000形

以前製作した万葉線、富山地鉄のデータ修正も兼ねて、バリエーションで万葉線のデ7000形を作ることにしました。実車は既に全車引退しています。

作ると言ってもこれまでと特に大きく変わる点はないので、淡々と組み上げるのみです。側面窓の下辺を前面と合わせたのと、パンタを3Dプリンタ出力品にしたのが大きな変更点です。







これまで使っていたプリンタの調子が悪く、新しい機種に買い替えたところ、タトゥーシールにプリントされた車番の文字がぼやけた感じになってしましました。なんだか古い機種のほうが性能がよかった気がします。

点灯基板は↓のような感じです。熊本1200形と同時作業でした。





先日、千葉県の「ポッポの丘」まで、保存されている実車を見に行ってきました。いまになって思えば、3DCADで設計する前にメジャーでも持って実車を確認すればよかったですね。現在はたまご売り場になっており、大玉のたまごと房総ぶっかけ醤油なるものを買って帰りました。








コメント
コメントする








 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM