<< マイキートレイン[その1−着手] | main | KATO RhB車両のパーツ調査 >>
2016.03.01 Tuesday

マイキートレイン[その2−塗装・仕上げ]

Nゲージで作る信楽高原鉄道SKR300形「マイキートレイン」の2回目です。

車体は白成型なのですが、屋根が茶色成型(無塗装)だったので、色調を整えるために車体と屋根ともにサーフェイサーを吹きました。

屋根色は例によってGM「ねずみ色1号」です。屋根の両肩とボディはGM「赤14号」にかなり白を混ぜたものを吹きましたが、これでもまだピンクが強い印象です。屋根肩にはさらにシマシマのマスキングをして「赤14号」をそのまま吹きました。車体長が長いぶん、シマシマの数は実車より一組多くしています。

ラッピングは例によってF式WDによる白地のうえに、カラー印刷の模様を貼っています。ただし白地が必要なのは、ボディ色より薄い色がラッピングされる場所だけで、例えば「リサ・ラーソン展」の文字や、陶芸の森のロゴは白地なしでそのままカラーデカールのみとしました。
 



両側面の白地デカール

ここで失敗が二つありました。

一つ目はラッピングの位置です。ハイモとSKRとを比べて、側面向かって左側の客ドアと次の二段窓の間のスペースの長さは同じだと思っていたのですが、実際はSKRの方が幅があるらしく、デカールを貼っていくうちに配置が窮屈になってしまいました。

二つ目は4つ分の窓にかかる巨大マイキーの貼り方です。上の写真にあるように1枚のデカールを窓部も含めて貼ってしまってから、マークソフターでなじませつつカッターで切れ目を入れていったのですが、なじみかたにムラがあったり切れ目がうまく入らなかったりして、けっこうシワがよってしまいました。ここは車体と窓部とを分けて考え、それぞれきれいに貼ったほうがよかったのかもしれません。

デカールを貼った後は、鉄コレのひたちなか海浜鉄道3710形からもぎ取ったスカートをTNカプラーに接着し、ヘッドマークを取り付けて完成となりました。工作といえるほどの改造ではありませんが、お手軽に楽しめる小加工でした。
 


コメント
コメントする








 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
  • 長崎電軌2000形・1200形・1300形[その2−組み立て、完成]
    dobahiro10 (08/06)
  • RhB EW-II制御客車[その3−点灯化、完成]
    Marco (05/23)
  • 熊本市電1200形[その4−仕上げ]
    MAX (03/19)
  • 広島電鉄3500形[その1−設計]
    tombi (01/06)
  • 広島電鉄3500形[その1−設計]
    gunma (01/05)
  • 広島電鉄3900形[その2−組み立て、仕上げ]
    tombi (11/23)
  • 広島電鉄3900形[その2−組み立て、仕上げ]
    gunma (11/21)
  • 広島電鉄3800形[その3−仕上げ]
    tombi (07/10)
  • 広島電鉄3800形[その3−仕上げ]
    BLACK (07/10)
  • 阪堺 モ351形[その8−仕上げ]
    tombi (05/09)
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM