<< KATO RhB車両のパーツ調査 | main | RhB EW-II制御客車[その1−モデル選定] >>
2016.03.27 Sunday

万葉線デ5010形[その4−仕上げ]

塗装をしてから随分と時間が空いてしまいましたが、そのあいだに、デ5022の一番の特徴ともいうべきスノープロウを3Dデータに起こし、プリントサービスに出していました。スノープロウはあまぎのキットにも含まれており形も悪くないのですが、本来は両端で大きさが異なる羽根が同じサイズのパーツ2個となっていること、取付ステーが実用本位で実物を模していないこと、等の理由から、自分で作ることにしたのでした。

下の写真は、左から越ノ潟方の大型スノープロウ( 3Dプリンタ)、高岡方の小型スノープロウ ( 3Dプリンタ) 、あまぎのパーツ、の順に並べたものです。
 

取付ステーは実車写真を参考にフレーム組とし、恐らく羽根を上下動させるためのハンドルも再現し、あとはMODEMOの動力ユニットの床裏に接着できるようなL字のブロックを設けました。2個とも部品分割せず、それぞれ一体で出力したものです。

ここまでできれば、あとは塗装して車両に取り付けるだけです。 MODEMO動力は鉄コレ動力よりスピードが遅いため、路モジ運転会で追突されてスノープロウが破損しないか、今から心配です…

ということで、ようやく完成しました。
 





 
コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM