<< 万葉線デ5010形[その4−仕上げ] | main | RhB EW-II制御客車[その2−データ作成] >>
2016.04.20 Wednesday

RhB EW-II制御客車[その1−モデル選定]

ベルニナ急行のASSYで集電台車が手に入ったので、下の写真のようなRhBの制御客車を3Dプリンタで作ってみました。その過程を振り返ってみます。
 

制御客車ですが、ざっと調べた限りでは、以下の6種類に大別できるようです。(ネット上の情報を集めただけなので、正しいかどうか責任は持てませんが…)
  • ABt1701〜1703 
    •  EWI系。ABDe4/4の制御客車としてArosa線用に作られた。同線が交流化されたあとは運転台を取り替えてGe4/4IIの制御客車に改造。ABt1701→Bt1703(Arosa Express)、ABt1703→ABt1701に差し替えられる。現在は全車廃車。
  • ABDt1711〜1716
    •  EWI系。クール周辺のシャトルトレイン用Be4/4の制御客車。
  • BDt1721〜1723
    •  EWII系。本線系統シャトルトレイン用ABe4/4の制御客車。現在は運転台を取り替えて(1721,1722は1701,1703から機器転用)Ge4/4IIIやAllegraと運用。
  • BDt1731
    •  本線系統シャトルトレイン用に、中間扉のAB1513から改造された制御客車。現在は運転台を取り替え。
  • BDt1741〜1742
    •  フェライナトンネルカートレイン用にRBSの郵便車が転入したもの。
  • BDt1751〜1758
    •  NEVA Retica用に新製された制御客車。

KATOのベルニナ急行の床板を流用するならば車体長に近いABt1701〜を模型化するのがよさそうですが、実車が既に廃車されているうえ、よく組んでいたGe4/4IIが模型化されていないこともあり、これを再現するのはやめました。

BDt1721〜であれば、すでに作ってあるEWII系のデータを流用できること、連結相手にGe4/4IIIやAllegraが選べることから、今回はBDt1721〜を再現することにしました。


 
コメント
コメントする








 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM