<< RhB EW-II制御客車[その2−データ作成] | main | 岡山電軌7000形 [その2−たま電車作り直し] >>
2016.04.24 Sunday

RhB EW-II制御客車[その3−点灯化、完成]

組み上げて塗装したところが下の写真です。屋根はライト周りの加工が済んでから接着することにして、ひとまず置いておきます。
 




ライトを点灯させるためにはベルニナ急行ASSYの集電台車を使用します。床板も本当であれば集電対応のベルニナ急行の床板をストレッチするのがよいと思うのですが、氷河特急の床板に合わせて車体のリブを作った3Dデータを活かしたかったため(というか、ベルニナ急行の床板に合わせてリブ位置を作り直すのが面倒だったというのが本音)、氷河特急の床板のほうを集電対応にしました。

集電板はベルニナ急行の床板からはぎとって中央で切断して二分割し、ポリウレタン銅線で間をつないでストレッチします(最初から長い集電板を使えばいいんでしょうけどね)。それを各台車の両脇に開けたスリットを通して台車の集電板があたるようにしました。ライト関係は、おでこの一灯と腰の二灯をそれぞれ抵抗を挟んで並列に接続し、そのうえで逆圧防止のダイオードをつないでから線路電圧がかかるようにしました。後進時に腰の一灯を光らせることも考えたのですが、回路構成をうまくしないと左右の明るさが変わって却って見苦しいため、それは潔く省略しました。

チップ抵抗とチップダイオードはユニバーサル基板上に配置し、そこからLEDまではポリウレタン銅線を伸ばします。ユニバーサル基板からはカプラーばねを2本生やして、それが床板の集電板に当たるようにしました。こうすることで、床板は今後も外すことができます。ユニバーサル基板は荷物室の壁面の裏に隠し、内壁にエポキシで接着しました。
 




ここまでできたら、あとは屋根を接着、切削した窓ガラスをはめ込み、最後にレタリングを入れて完成です。


先頭側


連結面側

点灯したところ


 
コメント
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM