<< 鉄コレ動力TM-TR03「路面2連接車用」レビュー | main | 鉄コレ動力TM-TR04「大型路面電車用」レビュー >>
2016.09.26 Monday

新町停留場[その4−信号1]

昨年、路モジの信号長からATCの在線検知の信号をもらう方法を教えてもらいました。せっかくなので在線検知を利用したギミックを取り込みたいと思い、新町の交差点の信号機の動きを再現することにしました。

 

新町の交差点はスクランブル交差点になっており、歩行者用信号→東西方向の車道信号→南北方向の車道信号の順で、順次青信号が切り替わるようになっています。路面電車用の信号は常時 × 表示です。ここで電車が交差点の手前までやってくると、確認十字灯 + が点灯し電車は信号の切り替わりまで待機します。次に南北方向の車道信号が赤になったタイミングで電車が進出できるようになり、 × が消え、が点灯します。

 

路モジで再現しようとした場合、ATCでは交差点手前で一時停止できません。そこで、当該閉塞区間の在線を検知すると確認十字灯を点灯、歩行者用と車道信号を強制赤にして黄色矢印を点灯させ、うまくいけばタイミングよく電車が通過する、というシーケンスにアレンジすることにしました。

 

信号機本体にはKATOのものを使います。灯具の場所に穴を開け、背面をうすくそぎます。

 

 

赤、緑、黄各色の1608サイズのチップLEDを、ポリウレタン銅線で配線していきます。LEDの個数+コモンの本数引き出すことになるため、矢印信号は大変なことになります。

 

 

 

ポリウレタン銅線を目立たないように支柱に沿わせて、瞬着で固定していきます。コモンだけ間違いなくわかるようにマーキングしておくほかは、特にLEDと銅線の対応は追っておらず、後でモジュールベースの裏面に引き出してから試点灯しながら確認していくことにします。

 

 

表から見るとこんな感じです。ひとつだけポツンと離れているのが、確認十字灯になります。

 

 

背面をプラ板でふさいだあと、LEDの発光面をマスキングして信号機を塗装します。塗装することでポリウレタン銅線が目立たなくなります。

 

 

表の穴にはレンズ代わりに木工用ボンドを充填します。

 

 

非常に分かりづらいですが、木工用ボンドが乾いた後に、矢印や十字、歩行者の模様をプリントしたデカールを貼りこんでいきます。

 

 

ここまで仕上げて、モジュールのベースに固定していくことになります。

 

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM