<< 鉄コレ動力TM-TR04「大型路面電車用」レビュー | main | 広島電鉄800形[その1−設計、組み立て] >>
2016.10.10 Monday

新町停留場[その5−信号2・仕上げ]

信号機の点滅制御には、マイコンボードであるArduinoを使いました。制御したいLEDに対してポート数が十分あるため、LEDの個数分だけポートを用い回路側を単純化しています。ポートのうち1つだけは、内線の在線検知信号を接点として入力しています(マイコン側でプルアップ)。

 

LEDの点滅インターバルは、模型的な見た目を考慮して実際の信号機より早めにしています(実時間だと信号機がなかなか切り替わらず、見る人が飽きてしまうでしょうから)。インターバルは"delay"で待機するのではなく、"millis"関数でカウントアップするようにしておき、在線検知信号を検出すると適宜ループから抜け出して矢印信号の処理に移行します。これは在線検知信号がなくなるまで(電車が次の区間に入るまで)維持します。

 

そんなこんなで完成しました。信号の切り替わりは動画でご紹介できるとよいのですが、動画の代わりに静止画をいくつか並べておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM