<< 新町停留場[その5−信号2・仕上げ] | main | 広島電鉄800形[その2−塗装、完成] >>
2016.11.15 Tuesday

広島電鉄800形[その1−設計、組み立て]

広島電鉄の単車800形を作ろうと思います。

 

今年5月に鉄コレを買うため広島を訪問したついでに、歩道橋の上からいくつか写真を撮ってきました。

 

 

 

 

 

形態は、試作車的な801〜802と、量産車的な803〜に大別されますが、803〜は製造年によってライト形状や前面窓にバリエーションがあり、丸ライトの803〜804、角ライトになった805〜808、前面窓が大型化した809〜812、ライトが3900形っぽくなった813〜814に細分化されるかと思います。側面のドアや窓配置、屋根上機器配置は、813〜814の補助電源が異なる以外、特に違いはないように見えます。台車は801〜802がFS83、803〜がFS88となっています。

 

今回は、スタイルがスマートな803〜を模型化することにしました。

 

いつもの方法ですので詳細は割愛しますが、まずはDesign Spark Mechanicalでデータを作成します。

 

 

左から803〜804、805〜808、813〜814のつもりです。台車枠は首を振ったときに車体裾に干渉することが分かったため、干渉する部分をデータ上でカットしています。

 

 

DMMで出力しました(上の写真は、IPAで脱脂 → ペーパーがけ → サフ吹き後の状態)。アクリル"Extreme Mode"がかなり値上がりしており、"Ultra Mode"の倍近い見積もりとなったため、今回は"Ultra Mode"で出力しています。下半分は同時に出力した阪堺モ601です。

 

 

前面が角ライトの2種は、ライト周囲の掘り込み幅や深さの具合を見るために、とりあえず1個ずつお試し出力しました。若干深さが足りないようなので、いずれ修正して再出力しようと思います。今回は丸ライトの803〜804にします。

 

 

組み立ててから、再度ペーパーをかけます。

 

 

そしてまたサフを吹き、塗装に備えます。

 

コメント
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM