<< 広島電鉄800形[その3−3次車、5次車] | main | 広島電鉄800形[その4−おまけ] >>
2017.04.22 Saturday

阪堺 モ351形[その4−車体組み立て2]

前面パーツを準備します。参考までにBトレの前面と並べてみました。プラ成形のほうがシャープですし、キットに付属するロストワックスのパーツは若干幅が広いように思えますので、ここは好みが分かれるところかもしれません。

 

 

ロストワックスの製法上やむを得ないことだとは思うのですが、やはり方向幕横の標識灯のモールドが甘いのが気になり、削ぎ落としてしまいました。3Dプリンタで別パーツを作ろうと思います。また、点灯化のために前照灯に穴を開けました。右が加工前、左が加工後です。

 

 

サボ受け(前面ですがサボと呼ばせていただきます)と方向幕は別パーツになっていますので、ハンダ付けします。これはゆくゆく登場時仕様の製品化も視野に入っていたということなのでしょう。正面向かって右側の看板受けは設置されていない時代もあったようなので、今回は取り付けないことにしました。

 

 

 

先に組み立てた側板+屋根のセットと前面パーツを接合する際、専用冶具で位置合わせをする仕組みになっています。前面パーツ上部1か所、下部3か所、床板パーツ側2か所をビスで仮止めするのですが、前面パーツ下部の両側は位置が合わず、止めることができませんでした。鋳造パーツで精度を出すのは難しいのでしょうね。そもそも、ビス止めできたこの位置が本当に正しいかというと、ちょっとわかりません。腕の立つ方であれば、他の方法で位置合わせしたほうがよいように思います。

 

 

位置が合ったら外側からハンダをチョン付けしたあと冶具を外し、あとはつなぎ目にハンダをモリモリします。

 

 

 

そしてヤスリで整形します。砲弾型ヘッドライトの後方も、盛ったハンダをヤスリで整形しておきました。

 

 

 

つづく。

コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM