<< 広島電鉄3800形[その2−出力] | main | 広島電鉄3800形[その4−増備] >>
2017.06.22 Thursday

広島電鉄3800形[その3−仕上げ]

塗装します。

 

屋根、幌、台車はねずみ色1号(最近濃い気が…)、屋根上機器は灰色9号です。

 

 

車体は先に緑14号を吹き、帯の部分だけマスキングしてGMのアイボリーA(旧:小田急アイボリー)を重ねます。この塗り重ねが慣れないところで、今回は下地の緑が若干透ける感じになってしまいました。

 

 

 

 

下の写真のような段階だと、どこの車両か考えてしまいそうな配色です。

 

 

裾の色は微妙な感じで、白緑っぽい感じもしつつ新製時の実車写真では黄緑にも見えるため、手持ちの黄緑6号を吹いてみました。ちょっとイマイチに見えます。

 

前面窓周りは黒です。

 

 

 

実車の側窓サッシは、800形とは異なりブロンズ色をしています。きれいに塗れる自信がなく、やはりエナメルだろうとタミヤエナメルのブロンズや、つやありブラウンを試してみたのですが、ブロンズはメタリックのラメが入っておりダメで、つやありブラウンは明るすぎました。結局、つや消しブラウン2:つやあり黒1の割合で調色したものを塗りましたが、なんだか木枠のようになってしまいました。

 

前面ライトリムと側ドアレールにエナメルのクロームシルバーをさし、車番と「ぐりーんらいなー」のロゴをデカールで貼った後にクリアーを吹きました。ちなみに、クリアーをふくときは屋根をマスキングするようにしています。

 

切削した窓ガラスをはめ込んでほぼ完成です。あとは折を見て、C車の床板を詰める作業と、ヒューズボックスの追加をしなければなりません。

 

 

 

 

 

 

※2017/6/24追記

C車の床板を切り詰めました。

 

 

上がオリジナルのTM-TR06、下が切り詰め後です。白く見えるのは補強のプラ板です。右揃えで撮影しました。↓

 

コメント
記事を、拝見致しました。 とても、懐かしい車両で出来も良いですね。
  • BLACK
  • 2017.07.10 Monday 06:45
BLACK様、コメントをありがとうございます。
3800形も登場から30年経つので、確かに懐かしい部類に入るかもしれませんね。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。
  • tombi
  • 2017.07.10 Monday 20:27
コメントする








 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM