<< 広島電鉄3900形[その1−設計] | main | 広島電鉄3500形[その1−設計] >>
2017.11.19 Sunday

広島電鉄3900形[その2−組み立て、仕上げ]

いつものように、DMMのアクリルUltraModeで出力しました。A車、B車のクーラーは以前にまとめて出力しておいたパーツを使うため、下のランナーには含まれていません。

 

 

組み立て、下地処理、塗装はいつもの通りですので、特記すべき点はありません。

 

まず、ランナーの状態でサフを吹いてから切り離し、ペーパーをかけます。それから組み立てて再度サフ吹き、ペーパーがけを繰り返します。次に、屋根、ホロに「ねずみ色1号」を吹いてマスキングしたのが下の写真です。

 

 

車体に「緑14号」を吹き、帯をマスキングして「アイボリーA」を重ね、帯のマスキングをはがしたところが次の写真です。3900形は3800形にみられる幕板の帯がないため、塗装は若干ラクでした。

 

 

車体裾に黄緑6号を吹き、前面窓周りを黒にすべくマスキングしたところです。

 

 

車番と「ぐりーんらいなー」のロゴのデカールを貼り、クリアを吹きました。

 

 

窓ガラスは例によってアクリル(側窓)や塩ビ(正面窓)切削のハメコミです。下回りは、トミーテックのTM-TR06を使い、C車の床板長を1.6mm詰めました。このあたりの加工も3800形と全く同じです。

 

ということで完成です。

 

 

 

 

3800形と並べてみました。

 

 

800形とも並べてみます。増殖してくると楽しくなりますね。並べたり走らせたりするモジュールが欲しくなってきます。

 

 

 

コメント
久しぶりにコメントいたします。
相変わらず、素晴らしい作品ですね。
3Dプリンタでの積層面の処理に根気を求められますが、私もJMNAで購入させていただいた800形をなんとか完成させることができました。
頒布していただき本当に感謝しております。
これら連接車も頒布というか、製品化すれば相当な需要があると思うのは私だけでしょうか?笑
多忙な中ではあると思いますが、よろしくご検討ください。
今後は広電3000形が製品化予定ですし、楽しみです。
  • gunma
  • 2017.11.21 Tuesday 23:55
gunma様

いつもコメントをありがとうございます。800形を完成されたということで、私としても嬉しい限りです。来年のJNMAでは、条件が整えば連接車の頒布も考えたいと思います。鉄コレの広電3000形と並べるのも楽しそうですよね。
引き続き、よろしくお願いいたします。
  • tombi
  • 2017.11.23 Thursday 13:45
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM