<< 長崎電軌2000形・1200形・1300形[その1−設計] | main |
2019.03.30 Saturday

長崎電軌2000形・1200形・1300形[その2−組み立て、完成]

出力したのが下の写真になります。特段目新しい点はありませんが、前面の電照式広告を塗装のことを考えて別パーツにしたり、ランナーの空いたスペースに長崎電軌タイプの電停を配置して一緒に造形したりしました。

 

左上:1200A形、左下:1200形、右上:2000形、右下:1300形

 

IPAで脱脂、サフ吹き、表面処理、組み立て、といういつもの順序で車体を作っていきます。前面の広告枠とライトケースの空間が狭くてペーパーをかけづらく、難儀しました。電照式のプレートだけを別パーツにするのではなく、広告枠まで含めて別パーツにして後から嵌めるようにしたほうがよかったかもしれません。

 

 

 

 

車体色は、GMのアイボリーAとバーミリオンAです。シンプルな塗り分けなので助かります。4両分一気に塗ってしまいます。このために、ホビダスのツールキット(塗装台)を買い足しました。

 

 

 

 

ステンレスキセの屋根上機器は、クレオスのメタルカラーのステンレスです。

 

 

色差しをし、排障器を取り付け、車番を入れてからクリアを吹き、最後に窓ガラスをはめ込んで完成です。2000形のみ、ヘッドライトの枠まで銀色ですね。他車は車体色です。動力はトミーテックのTM-TR01で、台車間距離を最も短い36.0mmに設定しています。実車が5400mmなのでスケール通りですね。

 

 

 

広島電鉄3500形と長崎電軌2000形が揃ったので、鉄道雑誌の表紙の構図に合わせて記念写真を撮ってみました。

 

 

 

コメント
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM