<< WLB Type100[その7−下回り1] | main | 井原カーブ >>
2012.12.05 Wednesday

豊橋鉄道市内線

先日豊橋に行く機会があり、空き時間を利用して豊橋鉄道市内線に乗ってきました。今年1月の訪問時はココイチ「豊橋カレーうどん」を食べるために運動公園前を往復したので、今回は赤岩口を往復してみることにします。


Toyohashi Rail Road Tram

駅前で電車を待っていると、たまたま「ほっトラム」がやってきました。運転時刻が決まっているのですね(Webサイトでも確認できます)。新型車両という点でも興味深いですが、模型化できそうかな? という視点でついつい眺めてしまいます。

側面はグラデーション塗装を除けば形状自体は平らなので簡単そうですね。問題は前面ですよね。下回りは、台車が首を振らない構造なので簡単なのでしょうか。それとも連接部で回転を吸収しなければならないぶん逆に難しかったりするのでしょうか。

富山にも同型がいるので、鉄コレで模型化されるといいですね。まさかのブラインドパッケージのリトルダンサーシリーズで、シクレがHiTramだったりして。もちろん空想(妄想?)の世界です。(渥美線のほうの現行車両は遂に鉄コレ化されますね。目蒲線を使って通学していたので馴染みのある車両です)

赤岩口で写真を撮ってみました。例によってスマホで撮った適当な写真ですみません。クルマがなかなか途切れてくれませんでした・・・


Toyohashi Rail Road Type T1000 at Akaiwaguchi Stop


一駅歩いて井原まで戻ります。有名なR11の路面電車最急カーブ(だそうです)がある駅です。路面電車だと急なカーブはいくらでもあるような気がしてしまいますが、それでもここが一番なのですね。


Ihara Stop


The smallest radius curve among the Japanese Trams

路モジで再現しても、最急っぷりがあまり分からないかも知れません。モチーフとしては隣の競輪場前のほうが面白そうです。過去に模型化された方もいらっしゃるでしょうか。

このあと駅前まで戻り、豊橋カレーうどんを食べました。初めて食べると結構びっくりする仕掛けだと思います。カレー好きの方にはおすすめです。

コメント
コメントする








 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Selected Entries
Categories
            
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM